シックハウス症候群(ホルムアルデヒド)対策。化学物質過敏症,VOC(揮発性有機化合物)大幅低減,マイナスイオン,消臭,抗菌,防カビ効果SOD工法リフォーム。サイトマップ

シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法
@HomeNaviとは|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 SOD工法|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 モアナチュレシステム|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 品質規格|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 用途|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 遠赤水性液状化セラミック|シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法 RIV工法,SE工法,ARS工法のムラセ ホルムアルデヒド濃度測定|お問い合せ
シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法のホーム > SOD工法リフォーム
SOD工法(森林浴住宅)

マイナスイオンの家 SOD(エス・オー・ディー)工法(RD遠赤外線抗酸化工法)

シックハウス症候群対策に
SOD工法は、一切の化学的手法を用いず、天然素材による遠赤外線エネルギーのマイナスイオン効果により室内のVOCを抑制します。
ホルムアルデヒドはもちろん、トルエン・キシレン・エチルベンゼンなどシックハウス症候群の原因とされる有害物質を分解する、本物のシックハウス症候群対策の工法です。

建築用RD遠赤外線放射波動水「RD遠赤抗酸化液」をクロス・木材等、内装材の表面にコートするだけの簡単施工。

施工後は、施工対象物から遠赤外線が連続的に放射されるため、室内にヒドロキシルマイナスイオンが生成され続けます。
ですから、室内の空気はヒドロキシルマイナスイオンによって常に浄化され、時間が経てば経つほど、室内の空気をきれいにします。

マイナスイオンの空間は、化学物質の毒性を消すだけではなく、家電等から発生する有害電磁波の抑制、また、ヒドロキシルマイナスイオンが家族の健康をもサポート。


遠赤外線エネルギー放射以外、何も変化させない、極めて安全な「マイナスイオン作用」です。

シックハウス症候群,ホルムアルデヒド対策のSOD工法
室内をRD遠赤抗酸化液でコーティング

SOD工法は、建築施工用に開発された遠赤外線を放射する水溶液「RD遠赤抗酸化液」で、室内をコーティング施工し、マイナスイオンを生成させる工法です。


木材・クロス・珪藻土など、内装材の表面にRD遠赤抗酸化液をコンプレッサーで圧をかけて塗布します。
塗布後、RD遠赤抗酸化液の水分は蒸発し、遠赤外線を放射する物質は塗布した場所の分子の隙間に定着します。
そして、施工した内装材全てから遠赤外線が連続的に放射され、それが空気中の水分と反応して、室内にマイナスイオンが生成され続けます。

アシスト理研のSOD工法は、電力や摩擦、光など一切必要とせず、施工された室内には「常温で」マイナスイオンが生成され、その効果は長く続きます。


室内に多量に生成されたマイナスイオンは、有害なプラスイオンを取り囲んで中和します。
つまり、ホルムアルデヒなどの化学物質や細かいチリ等は、プラスに帯電していますから、SOD工法により分解できるのです。

安全・簡単施工

動植物プランクトンの化石などの天然素材と、これにより放射される遠赤外線という自然エネルギーを活用した、安全・安心の工法です。


化学物質や人体に有害な放射線(α・β・γ・X線など)は一切使用していません。
また、大掛かりな設備は不要であり、施工も簡単です。


フロアーには通常のワックスのかわりに「RDマイナスイオンワックス」を使用することをおすすめします。

マイナスイオン効果のカギは「水分子のイオン」

人体に良いとされるイオンは、「水分子のイオン」です。


イオンの発生には「一般化学的イオン」「プラズマ放電イオン」「水分子のイオン」と、3つのタイプがあります。
一般的には「マイナスイオン=良い、プラスイオン=悪い」というイメージがありますが、酸性雨の元のSOxやNOxも硫酸マイナスイオンや硝酸マイナスイオンで、マイナスイオンの仲間です。
また水素イオンはプラスイオンですが、これに電子が飛び込めば活性水素となり有害な活性酸素を消去する有益物質になります。


VOCは一般化学的イオンで、殆どがプラスです。

人体のイオンバランスに有効に作用し、弊害がないイオンが、生命体を構成する水に起因する「水分子のイオン」であるヒドロキシル及びヒドロニュウムイオンなのです。
水のイオンには、プラス・マイナスのどちらが良いといった区別はなく、重要なのはイオンバランスです。

SOD工法は室内の空気環境と人間の体内も、マイナスイオン優位にします。
それは、6〜14ミクロンの育成電磁波が、空中の「水」や、体内の「水」に共鳴するためなのです。

●一般化学的イオン・・・・・ホルマリン水酸化ナトリウム・硝酸等である電気分解等でプラスとマイナスが同等生じる。この種のイオンは安定していて活性は低い。相手方と一般に反応しにくく壊れにくい。
●プラズマ放電イオン・・・・・電子と原子核を分離し電子を集めてチリと結合させたイオン。高電圧(3000V)を必要とし、イオンバランスは保たない。
●水分子のイオン・・・・・遠赤外線やセラミックにより生成されるイオンであり、特に遠赤外線特定波(6.27ミクロン)はマイナスイオン優位のバランスを作ることができる。

シックハウス症候群対策にSOD工法

シックハウス症候群・化学物質過敏症など、化学物質から受けるダメージは個人差があり、数値が低くても症状が出る人もいれば、高くても出ない人もいます。
そして誰もが突然に発症する可能性を抱えているものです。


原因には、化学物質・ダニ・カビ等がありますが、これらが直接人体に影響を与えるというより、これらに汚染された空気が人体に悪影響を与えているといえます。


化学物質過敏症は、微量の化学物質に被爆した後、化学物質に敏感に反応する体になってしまう事をいいます。
低濃度の化学物質に繰り返し被爆しているうちに体内に蓄積され、慢性的な中毒症状を起こす性質も持っています。
建物に起因する化学物質ばかりではなく、身の回りに化学物質が全くない生活は、現実的に不可能です。
この有害物質が存在している限りは、そのガスが少しづつ放散され続けるのです。

SOD工法は、VOC放散量が少ない建材等を使用しても抑えきれない揮発性有機化合物を抑制します。
ホルムアルデヒドはもちろん、トルエン・キシレン・エチルベンゼンなどのシックハウス症候群の原因とされる有害物質を分解する、本当のシックハウス症候群対策です。
そのメカニズムが吸着や微生物による分解とは違い、連続的な遠赤外線放射によるものであり、大きな特徴として時間が経過するほど室内の空気を浄化するものです。

遠赤外線エネルギーは酸化を消去する還元型エネルギーです。
化学薬品や紫外線や酸素などの酸化作用とこれらに起因する毒性を還元し固定化無害化する作用があります。

SOD工法(施工方法)
施工手順
1. RD遠赤抗酸化液を温めます。
2. 温めたRD遠赤抗酸化液を壁・天井等に専用コンプレッサーで塗布します。
 ※ビニルクロス、化粧紙クロス、木材、畳、建具、カーテンにはRD遠赤抗酸化液。
 ※珪藻土、塗壁、真白カーテン、下駄箱、キッチン収納庫、黒色の素材にはクリアタイプ。
3. 窓ガラス・コンセントボックス等を拭き取ります。
4.
床にRDマイナスイオンワックスを塗ります。
壁・天井 施工例(壁・天井)
収納 施工例(収納)
カーテン 施工例(カーテン)
上記以外にも
●合板・石膏ボードに・・・「RD遠赤抗酸化液」を表面塗布
●クロス糊剤に・・・糊剤に「RD遠赤抗酸化液」を混合(パテにも使用)
●珪藻土に・・・クロスと同じ様に「RD遠赤抗酸化液」を表面に噴霧器等で吹付
●床・畳のダニ・カビ防止に・・・「RD遠赤抗酸化液」を表面に塗布
●押入・クロゼット・下駄箱・キッチン等、収納にも表面塗布できます。
※施工後は、よく換気を行い、RD遠赤抗酸化液の水分の蒸発を早め、遠赤外線の効果が早くあらわれるようにします。
施工直後

RD遠赤抗酸化液が施工対象物の表面や内部で数々の分子と接触してイオン結合します。
施工対象物にVOCとなる分子があると、水素結合やイオン結合によりVOCを還元し、電気的に中和してその有害反応性を消去します。


ヒドロキシルマイナスイオンは、VOCの水素イオンと結合し、あるいは引き抜き現象を起こしてVOC分子の分子結合を分解します。

乾燥後

施工した面が乾燥すると、RD遠赤抗酸化液を構成している遠赤外線を放射するナノ微粒子が施工対象物に残存し、その極性により遠赤外線を発生しつづけます。
このナノ微粒子は水分子がもっとも吸収する波長の遠赤外線を放射し、施工対象物や空間の水分に対して還元活性エネルギーとしての最高の授受関係が成立します。


特に波長6.27ミクロンは、空間に遊離したVOCイオン分子と結合して、これを分解無害化する力を持ちます。
また、遠赤外線を放射するナノ微粒子と接触する水分子は、ヒドロキシルマイナスイオン水分子に変化し、施工対象物に含まれる揮発性有機物とのイオン結合により活性酸素等による酸化を抑制し、VOCへの変化と空間への離脱を抑制します。

効果の永続性

SOD工法は、遠赤外線が放射されつづけることによりVOCを除去抑制するメカニズムです。


珪藻土や活性炭やゼオライト等と、「遠赤外線放射」という部分で性質が共通するものがありますが、これらのVOC除去のメカニズムについては非加熱では遠赤外線放射能力だけでは力不足となり、素材の持つ多孔質の構造による吸着力に基づく事が大であり、一定量の吸着後は、その除去効果は減衰します。


SOD工法は、そのメカニズムが「吸着」ではないため、遠赤外線を放射するナノ微粒子が施工対象物に定着している限り、そのVOC除去と抑制効果は永続します。

SOD工法施工により期待される効果
遠赤外線とマイナスイオンには、温熱効果・抗酸化効果・化学物質分解・消臭効果・除湿効果・静電気防止・身体の酸化抑制・活性酸素抑制・リラックス効果・・・といった、環境や生物を健全にする働きがあります。

「建築資材等から発生する有害物質によるシックハウス・シックスクール症候群」「化学繊維や抗菌剤によるアレルギー症状や嫌悪臭」「食品添加物等による過剰な活性酸素や酸性に傾いた体質」・・・


アシスト理研のRD遠赤外線放射波動水は「衣」「食」「住」と広い範囲で、これら有害だが目には見えない部分を、ヒドロキシルマイナスイオンの力により改善します。

アレルギー症状改善
アレルギー疾患は全て、アレルゲンと呼ばれる抗原があり、生体はその抗原を中和しようとして抗体を作ります。
やがて抗原抗体反応が起こり、肥満細胞を刺激して、科学伝達物質のヒスタミン、セロトニン等を放出して、自律神経系に乱れを生じさせます。結果として、種々のアレルギー症状が出現します。

アレルギー体質は遺伝子によるものですから、その体質は治りません。
しかし、アレルギー症状を発症させる免疫機構を常に安静状態になるようコントロールすることで、アレルギー症状を発症しなくなります。

一つ目に、体内のイオンバランスをマイナス優位のイオンバランスに改善することで、弱アルカリ体質をつくります。このイオンバランスにより体内の酸化による神経の苛立ちや活性酸素の過剰生成が抑制され、免疫機構は安定する事になります。

二つ目に、アレルゲンと思われる原因物質を取り除いたり、有害性を消す方法を考えます。身の回りで考えられる事には、住まいから発生する化学物質の除去、洗剤の使用量の削減と衣類の洗剤残留化学成分の除去、カビ・ダニ・有害菌の除去などがあります。

育生電磁波領域の波長帯を放射するRD遠赤外線放射物質は、人体の構成水に共鳴します。身体の外部からこの育生電磁波が放射されれば、これを吸収して人体の構成水は活性化されて、還元作用によりマイナスイオン優位の体内イオン状態になります。これにより、体内の免疫機構は安定しアレルギー症状が改善されるのです。
そして、育生電磁波は、体内と同時に空気中の水分に吸収され、マイナスイオンに変えていきます。これが、揮発性化学物質を取り囲んで中和します。

具体的な対策例として、
1.室内をRD遠赤抗酸化液でコートし、化学物質を消去・・・SOD工法
2.洗剤の使用量を従来の1/3に減少させ、繊維に遠赤外線効果・・・波動ウォッシュ
3.飲料水や料理に生体活性水・・・ワンダーボール02・いさら
4.入浴後や外出前に症状部位にSOD水をスプレー・・・ローション・エッセンス(発売予定)

これらマイナスイオンの総合的な効果が、体質改善により「ゆとりの免疫機構」を作ることで、アレルギー症状を改善します。

体内の過剰な活性酸素を抑制
強い毒性をもつ「活性酸素」は、体内に取り込まれた一部の酸素が化学反応を起こしてつくられるほか、体内でも作られます。
活性酸素は、強い酸化力で細胞膜や核膜を破壊します。活性酸素の攻撃を受けやすいのが細胞膜を構成している脂質です。攻撃された脂質は酸化反応を起こすため、細胞膜が壊れて疾病や癌の原因となるのです。

活性酸素の要因となるものには、農薬汚染の食生活・汚れた飲料水・防腐剤入り食品・排気ガス・アルコール・タバコ・ストレス・紫外線・放射線・過度の運動・・・。化学物質に囲まれた生活では、活性酸素は過剰なまでに増え続けます。

また、血管の中のコレステロールは活性酸素により過酸化脂質に変わり、血管壁にヤニのようにこびりつき、血管の弾力性を弱め老化を早めます。そして、動脈効果が起こり、やがて脳卒中や心臓病・腎臓病となって進行すると、生命にかかわるような危険性もあるのです。
過剰な活性酸素は、身体を老化させ、多くの病気を引き起こす原因となるのです。

これに対抗するのがマイナスイオンです。プラスイオンが多い環境は、酸化作用で酸素を活性酸素化しますが、一方マイナスイオンが多いと、還元作用により、活性酸素を普通の酸素に変えるのです。

本来活性酸素は、外部から侵入した細菌類を酸化分解する大切な役割をもっています。
しかし、体内のイオンバランスが崩れると活性酸素は過剰に増加し、細胞のDNAを傷つけ、体内の酸化(=老化)を促進させ、臓器老化や細胞の癌化を引き起こします。
マイナスイオンが多い環境であれば、活性酸素も体内で有効に働きます。活性酸素=悪玉ではないのです。

血液の浄化作用
健康な血液は弱アルカリ性です。(いわゆる"サラサラの血")
プラスイオンは血液を病的な酸性にさせてしまいます。(いわゆる"ドロドロ血")
マイナスイオンは、この万病の元である酸性血液を"中和"し、健全な抵抗力のある弱アルカリ性のサラサラ血液に戻します。

ヒドロキシルマイナスイオンが多い環境では、吸収したイオンが血液に溶け込み、細胞膜による新陳代謝が活発になります。


マイナスイオンには人体組織を活発化させ、血液浄化作用や自律神経の調整作用、免疫強化作用など優れた効果があるのです。
成人病や癌、アレルギー疾患などの最善の予防策です。
酸性 アルカリ性

自律神経のバランス改善
不眠・イライラ・偏頭痛・冷え性・慢性疲労・倦怠感・肩凝り・生活習慣病・アトピー・そしてストレス・・・。
マイナスイオンが足りないと、交感神経を過剰に働かせてしまい、自律神経のバランスが崩れて緊張状態が続きます。

マイナスイオンは自律神経のバランスをとり、頭脳は冷静沈着・手足は暖か「頭寒足熱」の健康的な身体に改善します。
また、マイナスイオンは幸せ感を増幅させる"脳内ベーター・エンドルフィン"を活性化させ、精神を安定させます。幸せ感は免疫力を高め、病気に打ち勝つ力を与えるのです。

このページのTOPへ このページのTOPへ